今流行りの終活とは?

高齢になってくると、いつ自分の人生に終わりが来るのかも考えることも増えてくるでしょう。いつ終わりがきても、納得のいく、またいい人生だったなと思うようにしたいでしょう。とはいえ、残された家族のことも気になります。特に自分が亡くなったことで例えば、葬儀や遺品整理や財産のことなどで苦労はかけないかと気になることも多いでしょう。いろいろなことが頭をよぎるはすです。

そんなときに終活をしてみよう

高齢者になってきたときに、新たな活動をしてみようという動きが広がってきました。それが終活です。今定着してきているエンディングノートもこの終活の1つと言えます。
終活といってもさまざまなかつどうがあります。すべてをこなすのは大変ですので、まずは気になることや解決しておきたいことを優先して行っていくとよいでしょう。終活で行いたい活動としては次のようなものがあります。
ytjytku
まずは、葬儀やお墓のことです。亡くなったときに真っ先に行うのが葬儀です。そのあとはお墓への納骨となります。葬儀やお墓についても費用もかかります。また葬儀だとどのくらいの規模にするか、内容はどうするかも気になるところです。人によって、葬儀は家族だけの家族葬にしてほしい、火葬だけにしてほしい、告別式もしてほしいなど要望も変わってきます。そうした要望を家族に伝えていたり、またその手配を先に進めておくなどをするのが終活での葬儀に関する対応です。本人で葬儀の準備をしていれば、家族の負担も少なくなるでしょう。
また、お墓についても場所の確保や、管理を民営にするのか、公営にするのか、お寺にするのかがあり、選ぶのも大変です。お墓の墓石のこうにゅうや永代使用料といった費用のこともあります。時にはお墓を購入せずに共同で管理してもらう永代供養も選択肢の1つとも言えます。このようなことを考えておくと、家族がする対応も減ることになるでしょう。

また、終活でしなければならないのは身の回りの整理です。身の回りのいっても、たとえば生活の面からいけば、住んでいるところの不用品を片付けておく、処分しておくことがあります。さらに財産などでいえば、生命保険証書や銀行通帳、株式などの有価証券、土地の権利証、国保や社会保険の手帳や書類、銀行印や実印などをまとめたり、保管場所を家族に伝えるなどをしておかないといけません。また借金などがあれば、それも伝えておかないと、亡くなったときに家族がトラブルに巻き込まれるかもしれません。あとは身の回りの品物で、これは家族に遺すもの、これは形見分けしたいもの、これは破棄していいものというように分けておくといいでしょう。遺品整理もかなりの作業で手間も時間もお金もかかります。スムーズに進めやすくするために、本人の意思で決めておくといいかもしれません。

終活で前向きになろう

ここまでかいたことをしていくと、死ぬための準備のようにも見えますが、そうではありません。家族を思いやる行為でもありますし、自分が納得のいくための準備でもあります。こうしたことを考えると、気持ちも前向きになるのではないでしょうか。
また、終活ではこれからやりたいことをまとめてみたりもします。趣味をつくりたい、友達をふやしたいなどの目標も決めたりするのもいいでしょう。終活は、いろいろな会社も注目して、高齢者のための事業をしていたりもします。旅行や資産運用やスポーツなど終活のときにはじめてみませんかと、アピールをしています。こうしたことを始めたりするのも、終活の1つとも言えます。

最後に

終活はただの身辺整理だけでなく、残りの人生を楽しむ計画をすることでもあるです。

新着情報

◆2016/04/19
終活で気をつけることとはを新規投稿しました。
◆2016/04/18
終活でセカンドライフを設計しようを新規投稿しました。
◆2016/04/17
終活ではお墓のことも考えようを新規投稿しました。
◆2016/04/16
相続をスムーズにするためにも、終活をしようを新規投稿しました。
◆2016/04/15
今流行りの終活とは?の情報を更新しました。